委員会紹介

《総務研修委員会》 委員長 金谷 静恵

【事業方針】

野田商工会議所青年部は、様々な知識や経験を活かし新たな歴史を担っていく団体と考えます。しかし、入会して間もない会員が増えてまいりました。そこで当委員会では、会員1人1人が枠にとらわれず青年部活動に魅力と結果を見出せるよう、まずは活動内容の理解が必要であり、そのことにより会員拡大への意欲、野田商工会議所青年部の会員としての自信へ繋がることと考えます。

そのためには役員会、例会活動等のさらなる周知、自企業にも活かせる資質向上に繋がる研修会の実施に取り組み、規約等の研究・整備を行います。また各会員への情報伝達を円滑に行えるよう、エンジェルタッチの積極的な活用を推進してまいります。

さらに会員だけに収まらず野田商工会議所青年部を周知するためのツールとして活用できるように、ホームページの運営・管理に取り組んでいきます。

 このように、基底としての役割をしっかりと担い、各委員会との連携も積極的に図りながら魅力ある組織運営を目指してまいります。

 

【事業計画】

①会員拡大の促進

②総会及び役員会の運営・周知

③資質向上に繋がる研修会の開催

④規約等の研究・整備

⑤手帳及び名刺の作成

⑥ホームページの更新・管理

⑦エンジェルタッチの管理及び活用促進

⑧委員長会議等の連絡調整

 

《交流委員会》 委員長 玉真 聡志

 

【事業方針】

 当委員会は、「挑戦」のスローガンの下、新生野田YEGを他単会及び市内友好団体へ知ってもらうため、今までの慣例にとらわれず、対内・対外を問わず交流活動に力を入れて取り組みます。

 まず、県青連4区に所属する他単会メンバーとの交流を中心に、県青連事業、関東ブロック事業、日本YEG事業へ参加し、様々な単会の仲間と交流を深めることを意識して、対外活動に取り組みます。

 当委員会は、対外の仲間との交流の成果を新生野田YEG内で報告し、メンバー全体へ他単会事業への積極的な参加を呼びかけ、対外活動を率先して盛り上げます。

 一方、距離の近い野田市内の友好団体とは、友好4団体事業を通じ、今まで以上に積極的な交流を図ります。

 そして、様々な交流を通じて学び得たものを、個々人の日々の仕事や企業活動だけでなく、野田YEGメンバー全体へフィードバックすることを意識して、当委員会は、これから1年間、委員会活動に取り組みます。

【事業計画】

①会員拡大の促進

②ビジネス交流会の開催

③県青連事業への参加と出向者の補佐

④関東ブロック事業、日本YEG事業への参加取りまとめ

⑤市内友好4団体活動への参加取りまとめ

⑥対外活動の報告

 

《まちづくり委員会》 委員長 木名瀬 宣人

【事業方針】

野田商工会議所青年部の主管事業である東京直結鉄道建設・誘致促進活動は、平成28年4月の交通政策審議会答申第198号において、「事業性に課題があり、関係地方公共団体等が協調して事業性の確保に必要な沿線開発の取組等を進めた上で、事業主体を含めた事業計画について十分な検討が必要である」と指摘されています。

そこで当委員会では、『第33回東京直結鉄道建設・誘致促進大会 総決起大会』を開催するとともに、東武野田線高架事業に伴う野田市駅前及び高架下の有効活用なども含め、青年経済人の視点で沿線開発の取り組みを研究し、行政に提言していくことに挑戦します。

さらに、昨年度よりスタートした「野田っ子モンスター」事業の登録団体の皆様との連携を強化し、世界に挑戦していく子供たちとその家族を巻き込んだまちづくりに挑戦します。

【事業計画】

①会員拡大の促進

②東京直結鉄道建設・誘致促進大会 総決起大会の開催

③東京直結鉄道建設・誘致促進大会実行委員会の運営

④鉄道建設・誘致関係諸団体事業への参加・協力

⑤鉄道沿線開発事業の研究及び行政への提言活動

⑥野田っ子モンスター登録団体との連携強化活動

⑦産業祭などの親会事業への参加取りまとめ

 

《会員委員会》 委員長 飯塚 啓史

 

【事業方針】

近年多くの卒業生を送り出したことで会員の減少と同時に新入会員も増加している現状を踏まえて、当委員会では一人でも多くの【新入会員の増員】と新入会員のケア及びフォロー研修を行い、会員同士の親睦を深める事がより強い絆となり、野田商工会議所青年部の価値を高めることが責務と考えます。

また女性も参加しやすく楽しく交流できる環境を整え、自企業の発展にも成り得る委員会活動をします。SNSを活用して、野田商工会議所青年部の方針、活動を認知していただき過去最大の会員の拡大に挑戦してまいります。

 

【事業計画】

①会員の拡大(目標20名)

②新入会員のケア及びフォロー研修の実施

③会員親睦旅行の開催

④新年会の開催

⑤卒業式の運営

⑥会員の親睦交流会の開催

⑦新入会員拡大・会員同士の親睦交流及び活動認知のためSNSの活用

 

​お問合せ先

TEL:04-7122-3585
FAX:04-7122-7185

Eメール

nodayeg@nodacci.or.jp